ブログ

これが2度目の起業です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさま、お世話になっております。山印社|定額制Webサイト制作サービスです。本日は、この事業を担当する私のことについて少しお話したいと思います。

これまで

私は、Web制作会社やマーケティング会社でのディレクター、人材紹介会社での経営企画部マネージャー、マーケティングテクノロジー(MA)の導入運用支援などを経験してきました。その間には、マーケティングリサーチ関連の事業で起業しています。

基本的なスキルとしては、マーケティング戦略や戦術の立案から、マーケティングを実行までという感じでしょうか。とは言っても、各々の分野に対して広く浅くという感じなので、どれが専門ですか?と言われると少々困ってしまいます。

ただ、個人的には以前から自分自身のスキルと能力だけでビジネスをしたいと考えていたので、どれかに専門性を持つというよりは幅広く経験して、いずれ起業する際に役に立てればいいなと思っていました。

最初の起業の失敗

こんな私ですが、最初の起業では3年で会社を廃業しました。特に赤字というわけではなかったのですが、あまりにニッチな領域を攻めたために、全体の売上が想定していたよりも小さかったことが最大の原因です。市場が大きくなるだろうと考えていたのですが、実際にはほんの少しずつしか拡大していかないことを肌で感じて将来性を感じなくなりました。

しかし、もちろん起業して良かったことは沢山あります。もっともよかったのは、実はお客様は商品サービスを求めているというよりは、一緒に成長するための「仲間」を求めている部分が大きいということです。もちろん、ビジネスなので商品サービスを求めてはいるのですが、それだけではなく一緒に仕事をしていて心地よいか?気持ちを理解してくれるか?一緒に考えてくれるか?という商品サービス以外のソフト的な部分も購入するに当たって重要視しているということです。

もしかすると、一般企業では営業などが担う役割なのかもしれませんが、私はそのことに気づいていませんでした。それまではどちらかと言えば、商品サービスの質や価格でお客様は買うか買わないかを決めていると考えていました。しかし、実際に自分のスキルと能力だけでビジネスをしていると、いかに良好な人間関係を構築することが出来るのか?が大切であることに気づかされたのです。

正直なところ、私はそのような人間関係を構築していくことが得意ではなく、そのことも、たった3年で会社を畳んだ理由なのかもしれません。恐らくですが、自分よりももっと人間関係を構築することが出来る人であったら、もう少しうまくやったんじゃないかなと思います。

そして、2度目の起業

それからは、会社員として引き続きマーケティング関連の仕事をしていたのですが、ここに来てまた2度目の起業をしようと思ったわけです。なぜか?正直なところを言ってしまうと、私自身がサラリーマンという働き方に自分自身の成長を感じられなくなってきたからです。

サラリーマンは基本的に、上からくる仕事をこなしていくことがメインになります。もちろん、やり方次第ではやりたいことをやりたいように実現する人も多くいると思うのですが、しかし、私は前述したように人間関係を構築していくのが上手い方ではないため、サラリーマンでいる限り自分の思いとは異なる仕事をずっとし続けていかなければならないことに疑問を感じたのです。

私の性格上、サラリーマンでいることが自分自身の人生をより良くするための最も良い選択ではないと感じ始めたからです。もちろん、「失敗したら。。。」と考えることもありますが、たった一度の人生をただ生き延びることに時間を費やすよりは、「生きた!」と実感できる人生にしたいと思うようになりました。

それに、前回起業してからサラリーマンになるに当たって起業していたことが少なからずメリットになっていたこともあります。恐らくですが、多くのサラリーマンが指示待ちの人が多い中で、起業して実行力があるように見えたのだと思います。

いずれにせよ、私は起業することによって得られるメリットはサラリーマンでいるよりも大きいと思っています。だからこそ、やりたいと思ったこの事業を展開することに決めたのです。

今後とも、よろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る