副業

副業はマーケティング的思考を鍛えるのに良い実践の場になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業に取り組む人が増えてきている。しかし、副業をすることで休暇や趣味の時間が減ってしまっては元も子もありません。副業を自分自身の人生にとって良いものとするためには「マーケティング的な考え方」が出来るかどうかが非常に重要であると考える。

限られた時間の中でどうやって副業をやっていくのか?というテーマは非常に難しいことである。副業といえども仕事なのは変わりなく、適当にやればお金を得ることは出来ない。とはいえ、多くの時間を副業に割くことも不可能である。副業をやる上ではこのような問題を解決しなければならない。

このような中で最小の労力で最大の効果を引き出すために「マーケティング的思考」が重要になってくる。マーケティングスキルは、自分自身の能力・スキル(プロダクト)を誰にどのくらいの金額でどのように提供するのかを考えるようなものだからだ。自社の資産(人・金・もの・情報)を使って最も効果の期待できる人に競合他社と比較したうえで最も効果が期待できることをするのがマーケティングである。それと同じことを副業でも求められることになる。稼働時間が本業よりも圧倒的に短くなるからこそ、マーケティング的に思考しなければ稼ぐことは出来ないのである。

本業以外の時間を副業に使うわけだから、これまで休息や趣味の時間などに消費していたい時間をどの程度削ることが出来るのか?自分自身にとって必要な休暇時間及び最大の能力を発揮するために最低限必要な時間とは何かを知らなければならない。自分自身が最も合った副業に対する時間の使い方もあるだろう。休日にまとめてやる形のほうが良い場合もあるし、毎日1時間だけの方が良い場合もあるだろう。いずれにせよ、自分自身をより深く理解していなければならない。

そして、誰にどのようなビジネスを展開するのかである。どこにいてどんな課題を持つ人の課題をどう解決しようとしているのか?そのことも考える必要がある。どのくらいの金額なら競合他社やほかの副業者に対して優位なサービスとなるのかを考える。

そのような複数の制約を考慮したうえで、最も効果の期待できるビジネス、働き方、ターゲットなどを決めて実行しなければならない。おそらくは、本業と同じビジネスをするにしても、同じ方法を価値を提供することは出来ない。したとしても現実的に不可能であったりするだろう。なので、もっと効果的かつ効率的なやり方を考える必要がある。そこを考えるのがとても重要である。

副業をするに当たっては、色んなことを考える必要があることには同意だろう。しかし、それらの課題を解決するためには、マーケティング的視点が役に立つことはあまり語られることはない。逆に、副業によってマーケティング的思考が鍛えられる機会ともとらえることが出来るだろう。マーケティング的思考の実践の場所としては副業は非常に良い経験になるはずだ。ぜひ、トライしてもらいたい。

その際には、ホームページを作ってトライするのが良いだろう。基本的に、ホームページを見てあなたに依頼するかどうかを決める人は多い。副業プラットフォームだけでは伝えきれない内容などをブログ記事にしておくことも可能だし、セグメンテーション・ターゲティングの結果としてどのようにホームページに落とし込むのか?というプロセスはマーケティング的思考を鍛える上で良い経験になるはずだ。

ぜひ、当社の定額制ホームページサービスをご利用頂きたい。月額3,300円で制作・運営に必要なサービスは全て提供しています。HTML/CSS/javascriptなどの専門知識は不要です。あなたはあなたのビジネスに集中することが出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る